クラミジアの検査キットが発売されていることをご存知ですか?自宅で好きなときに検査が出来ます。もちろん結果の精度も高いので安心してください。こちらではクラミジア検査キットの使い方や使用する上でのメリットなどを紹介します。

クラミジアの検査キットについて考えるカップル

クラミジア検査、傷口から感染と免疫

クラミジアとは、原因菌のクラミジアトラコマチスに感染する事で発症する感染症で、現在では主に性行為で感染します。女性が感染した場合、子宮入口の管である子宮頸管に感染する事が多く、自覚症状が男性と比べて少ないため、感染に気付くのが遅れる場合があります。クラミジア検査をせずに放っておくと、パートナーに感染させてしまう可能性が高いので注意しましょう。しかし子宮頸管から子宮内膜に菌が移動し、さらに腹腔内にまで感染が広がると下半身に激しい痛みが現れるようになります。症状が軽度でも、卵管性不妊症や子宮外妊娠の原因となる事があるので、妊娠を予定している人は特に注意が必要です。
男性が感染した場合、尿道に菌が定着する場合が多く、尿道炎や精巣上体炎といった症状を引き起こします。尿道に感染すると、尿道から膿が出たり、排尿の際に軽い痛みを感じます。自覚症状が軽い人もいて、放置しておくと前立腺炎や血精液症といった疾患に進行してしまう可能性があります。クラミジア検査を受ける時は、朝の排尿前に採取した方が菌の数が多く、より正確な診断結果を得ることが出来ます。
クラミジアのような菌は性器にだけ感染するのではなく、口や目などへの感染例も確認されています。感染者と接触したり、菌に触れただけでは感染しませんが、傷口に菌が接触した場合は身体の様々な部位に菌が感染する可能性があります。性器に感染しやすいのは敏感な粘膜で出来ているためで、目に見えない小さな傷がつきやすく、菌やウイルスを原因とする性病に感染しやすい環境にあるからです。その中でもクラミジアは免疫抗体が存在しないため、日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上存在すると考えられています。