クラミジアの検査キットが発売されていることをご存知ですか?自宅で好きなときに検査が出来ます。もちろん結果の精度も高いので安心してください。こちらではクラミジア検査キットの使い方や使用する上でのメリットなどを紹介します。

クラミジアの検査キットについて考えるカップル

クラミジア検査で行われる玉袋のチェックとは

性交渉やオーラルセックスが原因で感染するものにクラミジアがあります。クラミジアは、大きく、性器クラミジアと咽頭クラミジアがあり、特に後者においては、性器による感染よりも自覚症状が少ない特徴を持っています。
クラミジア感染が疑われる場合には、できるだけ早く医療機関の診察を受ける必要がありますが、症状としては、男性の場合では、尿道からのうみや、軽い排尿痛、また、尿道のかゆみや不快感、場合によっては軽い発熱や痛みがあります。女性の場合には、おりものの増加や不正出血、下腹部の痛みや性交時における痛みがあり、咽頭クラミジアの症状としては、のどの腫れや痛み、また発熱を上げることができます。これら症状に関しては、自分でチェックをすることで判断をすることができますが、当てはまるような場合には、速やかに診察を受ける必要があり、まず、クラミジア検査を受けることになります。
検査の方法としては、尿採取による方法と血液検査による方法がありますが、一般的には尿検査による方法が用いられており、この方法は主に男性対して用いられています。2時間程度、排尿をしない状態で採尿をし、尿中の中にクラミジアの菌があるかどうかの確認が行われ、女性の場合には採尿方法では不十分であるために、通常、子宮頸管から分泌液を採取して検査が行なわれます。また、咽頭においては、周辺のぬぐい液やうがい液に対して菌の有無が確認されます。
クラミジアの診察では、問診や視診時に尿道炎や、玉袋に対しての精巣上体の腫れなどの確認が行なわれることになり、男性は性器を腹部側から鬼頭側へ膿を軽く絞らられたりして症状の確認をされることになります。女性の場合には診察台の上でクスコを使用しての患部診察や検査が行なわれますが、男女ともに典型的な症状が既に現れている場合には、視診後にすぐに治療を開始する場合もあり、それぞれの状態で異なってきます。