クラミジアの検査キットが発売されていることをご存知ですか?自宅で好きなときに検査が出来ます。もちろん結果の精度も高いので安心してください。こちらではクラミジア検査キットの使い方や使用する上でのメリットなどを紹介します。

クラミジアの検査キットについて考えるカップル

コンドームでの予防と膣粘膜でできるクラミジア検査

性器へのクラミジアの感染症は日本において最も多いとされる性病です。成人の二割程度が感染しているとされており、自覚症状を伴いにくいことから知らず知らずのうちに人から人へと感染が広がってしまっているのが現状です。感染経路に対する認識不足がその原因としてよく問題にされるものとなっています。クラミジアは粘膜を通して感染することが知られているため、主には性器の粘膜に感染することになるのは確かです。しかし、セックスの際に触れることが多い喉の粘膜もクラミジアが感染する部分であり、オーラルセックスを通して感染が拡大するということが知られるようになってきています。そのため、オーラルセックスをする以前からコンドームを着用することによって感染を予防することができます。しかし、その認識がそれほど常識的になってきていない状況があり、特に性病に対して無知な若年層において感染が拡大してきています。クラミジア検査の方法は確立されてきており、男性の場合には尿検査、女性の場合には血液検査や膣粘膜の検査によって簡単に検査が行えるようになっています。特に女性の場合には重症になってくるまで自覚症状が出ないことが多いため、パートナーが感染している場合や妊娠を予定している場合にはクラミジア検査を行った方が無難です。クラミジアに感染して子宮頸管炎などが起こってしまうと子宮外妊娠や不妊の原因になってしまうからであり、早期にクラミジア検査を行って治療を行っておくことが大切になります。妊娠の必要がないときにはコンドームの着用を心がけ、妊娠を希望するときにはクラミジア検査を行うということによって女性は万全の対策ができると期待できるでしょう。